Works

入居中

風がひらひらと舞い踊る部屋

仕立て前

多摩丘陵にある貝塚の中では、最も古い貝塚といわれている、子母口貝塚。

神奈川県下で最も古い人工用水路である、二ヶ領用水。

武蔵新城は、そんな歴史のある自然環境が存在するエリアとして、ひそかな人気を誇る街です。今回ご紹介する「仕立てる賃貸プロジェクト」in 武蔵新城は、そんな自然と歴史を背景に感じながら、更には駅から2分という利便性も十分に享受できるマンションの最上階(4階)2部屋が舞台です。

仕立てイメージ

改装テーマは「風がひらひらと舞い踊る部屋」。 この部屋の窓を開けたとき、風が気持ちよく入り込んできたのが印象的でした。商店街の中に存在するために、決して眺望が優れているとは言えませんが、(その分、帰り道は安心です)、風が部屋の中を舞うように流れる空間構成にしてあげることによって、この空間を最大限気持ちの良い空間にする事が出来る。と考えました。

収納も、硬質の建具ではなくファブリックやストリングカーテン等で柔らかく 仕切ってあげ、洋服たちにも風を感じさせてあげるようなイメージを持っております。 また、水周りは1つのハコ(スペース)の中に集約させながら、空間を最大限確保できるようにしたいと思います。水周りを囲むように、風が流れるイメージです。
…というのはあくまで構想です。実際には、住まい手の方の意見を取り入れて、もっともっと、住まいやすい賃貸住宅へとリノベーションしたいと思っております。

住宅は供給者側理論によって、どんどんコモディティー化が進んでおります。ハウスメーカーの住宅などは、簡易的なパネル工法の採用によって、施工期間の短縮や効率化による収益が全てであり、「人が豊かに暮らす為の住まい」という視点からはどんどん離れてしまっております。

今回のプロジェクトを通して、そんなコモディティー化された住宅ではなかなか果たすことの出来ない、「自分らしい豊かな暮らし」を賃貸住宅で実現していただきたいと思っております。

物件概要

用途
住居
所在地
神奈川県川崎市中原区上新城2丁目
最寄り駅
JR南武線「武蔵新城」駅 
面積
36.00m2
物件名
石井ビル
CONTACT お問い合わせ