Flow

仕立てる賃貸の流れ

「仕立てる賃貸」では、入居前に住まい手と貸し手が打合せを重ねて、オンリーワンの部屋を創っていきます。
大まかなフローは以下の通りです。

住まい手側

仕立てる賃貸の流れ 住まい手側
  1. 01: 問い合わせしてみる
  2. 06: コンセプトレベルの打合せを始める
  3. 02: 情報があり次第お知らせを受け取る
  4. 07: 契約する
  5. 03: プロジェクトの概要を知るために、コンセプトシートを読む
  6. 08: ガッツリ打合せに入る
  7. 04: 内見してみる
  8. 09: 工事する
  9. 05: 気に入ったら申し込みをする
  10. 10: お引越し

※プロジェクトによって多少異なりますので、コンセプトシートを十分ご確認くださいませ。

貸し手側

仕立てる賃貸の流れ 貸し手側
  1. 01: プロジェクトの概要・予算を決定する
  2. 06: 工事内容を決定する
  3. 02: 媒介契約書を交わす
  4. 07: 工事の請負契約を交わす
  5. 03: 借り手候補者の概要を知る
  6. 08: 施工する
  7. 04: 貸し手・借り手・プロデューサーと3者で打ち合わせを行う
  8. 09: 入居する
  9. 05: 賃貸借契約を交わす

仕立てる賃貸の特性(メリット)

「仕立てる賃貸」では、入居前に住まい手と貸し手が打合せを重ねて、オンリーワンの部屋を創っていきます。
大まかなフローは以下の通りです。

住まい手側

  1. 01: 賃貸なのに自由がある
  2. 02: 自分らしい空間に住める
  3. 03: 中古マンションを購入してリノベーションをする際の、予行練習になる

貸し手側

  1. 01: 入居者が決まってから工事をする為、工事費が無駄にならない
  2. 02: 資産価値が上がる
  3. 03: 良質な入居者が確保できる
  4. 04: 家賃が上がる(場合が多い